Daily Life

チラッとざっくり敬語おさらい

このところちょっと必要があって、敬語の勉強のおさらいをしています。

尊敬語・丁寧語・謙譲語、まずこの3種類について確認をしたりしています。

実際には5種類の敬語を身につけると、美しい日本語になります。

ちなみにその5種類というのは、尊敬語・謙譲語・丁重語・丁寧語・美化語です。

とりあえずはイメージしやすい尊敬語・謙譲語・丁寧語を確認しようと思いました。

謙譲語について、なんとなくその意味がクリアでなかった部分があるので、本を読んで確認しまして、私なりに覚えやすく、階段をイメージすることにしました。

3段の階段です。
私がいるのは3段の階段の2番目、真ん中です。

これを例えば友達と話すとき、タメ語ですね、その時に
「これ、食べて」
を例文とします。

するとまず同じ段にいる仲間、対等な人と敬語で喋るとしたら、丁寧語を使います。

「こちらを食べてください」

そして一つ上の段にいる人。この方へは尊敬語を使います。

「こちらを召し上がってください」

そして謙譲語は、三段目の人に対して更に自分が1段低いところに行くというイメージで、(少し文脈が変わりますが)

「こちらを頂きます」

になるようです。

敬語の尊敬語・謙譲語・丁寧語の三つについて、階段をイメージすることで、私にとっては特に謙譲語のイメージがつきやすくなりました。

チラッとざっくり敬語のおさらいでした。

まだまだ、学びを深めていく必要があるのですが、とりあえず。

またお付き合いください。

ABOUT ME
大内裕香
社交ダンス指導歴22年。社交ダンスを軸に、Zumba®︎や美ューティBodyWave®︎、そしてYogaのインストラクターをしています。 踊ること、特に人と一緒に空間を共有して身体を動かすことが大好きです。 一緒に、楽しい時間を過ごしたいです。