Daily Life

映画感想『ドライブ マイ カー』

アカデミー賞国際長編映画賞も受賞して、タイムリーな『ドライブ マイ カー』を見に行ってきました。

見ようと思ったきっかけは、私の友達が見に行って、面白かったよ!とFacebookにて投稿していたこと。
彼女が言うなら絶対面白いに違いないと思ったけど、すぐには観に行けなかったので、まずは原作を読もうと村上春樹さんの短編、「女のいない男たち」を購入して読みました。

 

これはこれで面白かったのですが、短編集のその本の中のまず一話目であるドライブマイカーは本当に短編で、あまり枝葉がなくシンプルで無駄がなく、ハルキワールドをほんのり感じさせるストーリーでした。

読後まず思ったのが、どうやってこの短いストーリーを映画にしたのかと、いうこと。しばらく気になっていたのですが、偶然見に行くチャンスができたので、アカデミー賞発表の前日に見に行くことができました。

三時間弱という本当に長編の映画でした。本の原作からすると、色んな枝葉が付いてストーリーの展開やら登場人物のキャラクター付けが深まったりあるいは濃くなったり、違う展開が生まれていたり。

もちろん監督や脚本家が何をどのように読み取っても、もちろん創作としては自由なことだと思うので、制作者の意図を読み取りたいなと思いつつ見ていました。

私としてはすごく面白かったというわけでも、凄くつまらなかったということでもなく、なんとなく引き込まれる部分がありつつも、でも、長いなぁ、とかこの部分原作にあったっけなぁ、とか、原作ではどんな風に書いてあったかなぁ、などと作品に没頭するという見方ではなく、少し距離を感じて観ていた気がします。

話題作ということもあり、見といて良かったなと思いますが、再び見ようとは思わないかもしれません。映画を見終わった直後に、もう一度原作を読み返してふむふむ。私はこのままの方が好きかも。なんて思ったりしています。

ABOUT ME
大内裕香
社交ダンス指導歴22年。社交ダンスを軸に、Zumba®︎や美ューティBodyWave®︎、そしてYogaのインストラクターをしています。 踊ること、特に人と一緒に空間を共有して身体を動かすことが大好きです。 一緒に、楽しい時間を過ごしたいです。